スマイル

過払い金を取り戻す|面倒な手続きは法律事務所へお任せ

遺産相続に対する準備

微笑むメンズ

相続トラブルを回避する

遺産相続は、しばしば問題を引き起こすケースがあります。遺産の規模が大きかったり、相続人が多い場合は、その可能性が高いと言えます。例えば、家族間で一定の合意がなされれば良いですが、分割が困難な遺産が含まれている場合などもあるので、遺産を残す側と残される側が事前に協議して、公平な相続対策を考えることも必要です。残された家族が遺産相続のトラブルに巻き込まれないための相続対策として、遺言書を残す方法があります。この場合は、弁護士等の第三者を交えて、協議結果を遺言に残すことが適策です。逆に、遺言書がない場合は民法が定める法定相続人が相続します。残された家族間でトラブルが生じえない場合は、この方法が最適な相続対策となります。民法では、法定相続人の範囲と優先順位、そして、分割割合を定めています。例えば、配偶者と子供2人が生存する場合は、配偶者が2分の1を、子供が4分の1づつを相続します。配偶者が生存する前提で、子供がいない場合は配偶者と被相続人の直系尊属が相続し、直系尊属が生存しない場合は配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続します。

相続税は超過累進課税

トラブルを回避するための相続対策も重要ですが、遺産を相続すれば、相続税が課せられるので、相続税対策も考慮した方が良いです。相続税の計算にあたり、まずは、正味遺産額から基礎控除金額を控除して、課税遺産総額を算出します。正味遺産額とは、相続遺産である現預金や土地・家屋、証券などから葬儀費用などを差し引いた金額です。基礎控除金額は、相続人の人数×600万円+3000万円です。つまり、相続人が多いほど控除金額が増えて、相続税が減額されるので、有効な相続税対策となります。次に、課税遺産総額を相続人の間で分割します。この時、遺言書がなければ、民法に従います。最後に、相続人毎に遺産総額に応じた税率を乗算して、相続税を算出します。相続税は超過累進課税であり、金額が多いほど税率が高くなります。例えば、1000万では10%ですが、1億円では40%になります。つまり、相続税対策を考えるなら、1人当たりの相続金額を減らす方が賢明となります。つまり、可能であれば、相続人が多ければ多いほど、相続税対策としては有利になるのです。